ソフトバンクグループ

サイトマップ

落雷対策

落雷は年間を通して起こりうるものですが、特に夕立の多い夏の時期には発生件数が急増します。5月頃から落雷後のトラブルに関するお問い合わせが徐々に増え始め、8月にピークを迎えます。

落雷によりトラブルが起きる原因

落雷にはいくつか種類があり、モデムなどの接続機器や、パソコンをはじめとする電化製品に起こる落雷トラブルの大半は「誘導雷」によるものです。

誘導雷とは、直撃雷(対象物に直撃する雷)が発生した付近に強い磁界が生じる現象のことで、この強い磁界が電線や電話線等に異常な電流を誘導しトラブルを引き起こすのです。

落雷対策の方法

誘導雷によるモデムなどの接続機器や、パソコンをはじめとする電化製品によるトラブルを未然に防ぐ対策として以下のものがあります。

1. モデムなどの接続機器や、パソコン等の電源ケーブルをコンセントから抜く。
2. モデムなどの接続機器や、電話機からモジュラーケーブルを抜く。※1
3. 雷ガード(サージプロテクタ)を利用する。

  • ※1 抜いている間は電話が使えませんので電話を使用されたい場合は、電話機とモジュラージャックを直接電話線でつないでください。ただし、落雷によって電話機と電話線が故障および破損する恐れがありますのでご注意ください。
  • ※ 落雷の恐れがある時は、雷が発生する前に電源アダプタや、モジュラーケーブルなどのケーブル類を抜いてください。
  • ※ 雷が鳴り出したら、機器本体や電源アダプタ、モジュラーケーブルなどのケーブル類には触れないでください。感電などの原因となります。

元に戻す際には、電話機、モデムの順で電源を入れてください。

通常タイプをご利用のお客様
元に戻す際には、必ず電話機の回線種別の設定をご確認ください。
正しく設定されていないとBBフォン以外の電話サービスを利用した電話番号への発信ができない可能性があります。正しく設定されているかどうかの確認は、以下WEBページをご確認ください。

雷ガード(サージプロテクタ)について

雷ガードは、電源ケーブルとコンセント、モジュラーケーブルとモジュラージャックの間に接続し、誘導雷による異常な電流の影響を軽減することができる機械です。
雷ガードを探す

  • ※ ソフトバンク株式会社よりレンタルされているモデムなどの接続機器が落雷等の天災により故障した場合、「修理交換料金」に定める費用、および当社が故障等の原因調査、または取り替え等の必要な措置に要した費用をお客様にご負担いただきます(「接続機器レンタル規約」参照)。修理交換料金につきましては、モデム等接続機器のご返却先ページ内の未返却の際の違約金、および故障・破損の際の修理交換料金についてをご参照ください。
  • ※ご購入いただきましたモデムが落雷等の天災により故障した場合、保証期間内であっても保証外となります(ご購入時に送付させていただきました保証書裏面に記載の保証規定参照)。

安全・快適にインターネットをご利用いただくために

より安全・快適にインターネットをご利用いただくために、上記の対策方法を行うほか、日頃から天気予報や気象状況にご注意いただきますことをお勧めいたします。
お住まいの地域の落雷状況は、気象庁が提供する気象警報・注意報よりご確認いただけます。

気象警報・注意報

落雷後、インターネットが使えなくなってしまった場合の対策

インターネットがつながらなくなってしまった場合は、モデムの電源を入れなおすことで改善する場合があります。


ページの先頭にもどる