ソフトバンクグループ

サイトマップ

サポートからのお知らせ

2010/06/24

落雷によりインターネットにつながらなくなってしまう場合があります

ソフトバンクBB株式会社

日頃はSoftBank ブロードバンド サービスをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

「ゴロゴロ鳴っているけど遠くだから大丈夫」と油断していると、雷(誘電雷*)の影響でパソコンなどの電化製品やモデムなどの接続機器が壊れ、突然インターネットにつながらなくなってしまう場合があります。

トラブルを未然に防ぐために以下の対策をお願いします。

*誘電雷とは、直撃雷(対象物に直撃する雷)が発生した付近に強い磁界が生じる現象のことで、この強い磁界が電線や電話線などに異常な電流を誘導しトラブルを引き起こします。

事前の対策方法

1. モデムなどの接続機器や、パソコンなどの電源ケーブルをコンセントから抜く。

2. モデムなどの接続機器や、電話機からモジュラーケーブルを抜く。

3. 雷ガード(サージプロテクタ)を利用する。

落雷後のトラブル解消方法

接続トラブルが発生した場合は、モデムの電源を入れなおすことで改善する場合があります。

1. パソコンの電源を切る。

2. モデムの電源をコンセントから抜く。

3. 30秒ほど待ってから、再度モデムの電源を入れる。

 (モデムのランプは、電源を入れると全てが約30秒間点灯します。)

4. リンク(WLK)ランプが点灯したら、パソコンの電源を入れる。

パソコンが起動したらモデムのパソコン(LLK)ランプも点灯していることを確認し、ブラウザを起動してインターネットに接続できるか確認してください。

落雷からパソコンなどの電化製品やモデムなどの接続機器を守る方法の詳細は、「落雷対策 」をご覧ください。

ページの先頭にもどる