サイトマップ

パソコン・ネットワークの設定方法

Windows 2000での設定方法

Windows 2000をお使いの方が初めてSoftBank ブロードバンド サービスに接続するときに行う設定の方法です。
SoftBank ブロードバンド サービスへ接続する前に、あらかじめLAN(ネットワーク)カードの設定を行ってください。

セキュリティに関して

ブロードバンド回線でインターネットに常時接続をするようになると、外部ネットワークから不正にアクセスされコンピュータが操作されてしまうなどの可能性が高くなります。
ファイルやフォルダをのぞかれないようにするには、(1)パソコンのネットワークの設定でファイルやフォルダの共有を禁止したり、(2)ファイアウォール機能のあるウイルスチェックソフトを導入したり、(3)ブロードバンドルーターをご利用いただくことをお勧めします。
ただし、SoftBank ブロードバンド サービスのホワイトステーションやトリオモデム3-G plus、BBModem 4-Gには、有線LANにてパソコンを最大4台まで接続できるルーター機能が搭載されていますので、別途ブロードバンドルーターをご購入いただく必要はありません。

  1. 1. 「スタート」メニュー→「設定(S)」→「ネットワークとダイヤルアップ接続(N)」をクリックします。

    ネットワーク接続起動方法

  2. 2. 「ローカルエリア接続」のアイコンをダブルクリックします。

    ネットワークとダイヤルアップ接続

  3. 3. 「ローカルエリア接続状態」が開いたら「プロパティ(P)」をクリックします。

    ローカル エリア接続 状態

  4. 4. 「ローカルエリア接続のプロパティ」画面が開いたら「インターネットプロトコル(TCP/IP)」の項目を選択して「プロパティ(R)」をクリックします。

    ローカル エリア接続のプロパティ

  5. 5. インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ」画面が開いたら、「IPアドレスを自動的に取得する(O)」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する(B)」をクリックして選択してください。

    インターネット プロトコル(TCP/IP)のプロパティ

  6. 6. 上記の「インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティ」画面で「詳細設定(V)」をクリックして「TCP/IP 詳細設定」の画面を開きます。

    TCP/IP 詳細設定

    「TCP/IP 詳細設定」の画面が開いたら「IP設定」タブをクリックして、「IPアドレス」の一覧に「DHCP有効」の文字があることを確認します。

  7. 7. 「WINS」タブをクリックして「NetBIOS over TCP/IPを無効にする(S)」を選択し、「OK」をクリックして画面を閉じます。

    TCP/IP 詳細設定

  8. 8. 「今すぐコンピュータを再起動しますか?」と表示されたら、「はい(Y)」をクリックしてパソコンを再起動してください。

    ローカル ネットワーク

以上でパソコン・ネットワークの設定は完了しました。念のため、設定をご確認ください。

設定確認へ

ページの先頭にもどる